はじめてのブローログ

はじめは、自由気ままにやっていきます。

優勝に向けてのキーマン藤原恭大・藤岡裕大

f:id:konkkeeen:20211006150835j:plain

月間MVP月の最高打率

f:id:konkkeeen:20211006150908j:plain

現在の打率

 

 

我がファンの千葉ロッテマリーンズの優勝に向けて、藤原恭大・藤岡裕大が大きなカギを握るのではないかと私は思います。

 

今日含めて18試合、極端ですが1試合も落としてはいけないと思います。恭大の伸びを信じることも大事だが、このまま2番で使うのは、致命的になると思います。

まず荻野の出塁した際、攻撃的な2番であるため、あまりバントをしません。ここ一ヵ月で、怪我もあり5分近く打率を落とした現実を受け止め、下位で起用するのもありなのではいかとおもいます。加藤ちゃんが9番ではあるが、あえて9番での出場は脅威を感じると感じます。

 

そして、藤岡。

この話の流れからして2番でもいいかとは思いましたが、それは違うとは思います。下位打線(主に8番)の中にいてこその2割7分、8分はとても生きている。まさに打線になっていますね。中軸で打てなかった分の、

フォロー・先頭での出塁・犠打⑯(チーム1)

打撃は文句無しですね!

一方守備の方でもショートしかり、サードも守れるのが、かなり大きいですね。エチェバリアの守備を活かすためにサードを守っているが、ショートも一級品です。源田というトヨタの先輩が別格の守備があるから目立たないかもしれないですが、肩とアクロバティックの守備は見ていて楽しいです。

 

とにかくこの2人が残り試合のキーマンになることは間違いないです。目指せ日本一!

 

 

 

 

 

 

ボウリング

今週のお題「今月の目標」

 

今月のお題は趣味のボウリングで200点を目指します。

 

その前にベストスコアーが177なのでここを超えるのが目標ですね!

 

カーブを掛け真ん中のピンには当たるようになってきたので、のこり3.2.1ピンのときのスペアーがとにかく心残りがあります。

 

周りの大会のおじいさま・おばあさまがたのスコアーを一目瞭然、確実にスペアーを取っていて、成績も叶いません。グサ、、

 

 

ソフトバンク対ロッテ 勝ち越しの一打の三森の処理

f:id:konkkeeen:20210914210243j:plain

捕球位置

本日の8回表のロッテの攻撃ですね! 勝ち越し打を放ったレアードの打球は千賀の足元を抜けセンターを抜けそうになったが三森がキャッチ。

捕球位置は赤丸の位置です。いくらレアードでもこの位置はセーフでしょうと思いました。場面としては2アウト満塁 3-2のカウントでもあったのでランナーが走っていたので一塁に送球した瞬間、2塁ランナーが3塁を回るのは予想できましたね。

 

中村も三森からの送球を捕球した後、ホームに投げるそぶりもないまま、2得点が生まれました。仮にホームに投げ、セーフかアウトかまでははっきりは分かりませんが、失点を1に防げた可能性があったのではないかというプレーでしたね。

 

 

 

 

勝った試合だが投手交代のタイミングがなと

f:id:konkkeeen:20210822114037j:plain

一点でも少なく凌げたかも

昨日のソフトバンクたいロッテ戦。

 

6回裏の場面ですね。栗原が走者一掃のタイムリーツーベースを打たれた場面。

ここで4点背負ってる場面、美馬を変えると思いきや続投となってしまいました。

 

準備が出来ていなかったのか、次のデスパイネの打席はセンターへの大飛球となりタッチアップで栗原が3塁に進塁となり中村にタイムリーヒットを打たれ5点開いてしまいました。本当にデスパイネにホームランを打たれなくて良かったです。

 

最大の問題は毎度ですが、左投手の替えが居ないことですね!本来なら、栗原に打たれた時点で替えるべきではありましたが、続投が裏目にでています。仮に替えていれば、栗原を進塁させないでデスパイネを抑える、そして中村勝負か敬遠して次の打者で勝負など作戦があったのではないかと感じましたね!

 

とにかく勝ててよかったです。

 

日頃の過ごし方

f:id:konkkeeen:20210822111339j:plain

寝たきり

日頃の過ごし方について書いてみようと思います。

 

こう日常を過ごして、私としてはこの猫のようにではないですど寝たきりというのはよくないと思います。寝ながら食事や食ったあとすぐに寝ることなど非常によくないと思います。

立っている状態が普通かは分かりませんが、デスクワークや立ち作業が主な人間の動きと見られます。ここで言いたいのは横になる自分なりのデメリットを書きたいと思います。

 

・食った後

体の循環として、横向きだと消化機能が起こるのかという不安、のどに詰まるのではないかという不安があります。力士は別として、一般人がこのようなことをするのは、健康面でとてもやってはいけないと思いますね。まさに肥満化まっしぐら!        

 

・普段の寝たきり

これは僕自身が体験したことで、寝たきりというのは根性論ではありませんがやる気と言いますか、気持ちが沈んでしまいます。生きてく中で休みの日は何もしないこともいいことではあります、せめてバランスボールにすわるなり、椅子に座ることは大事だとは思います。

仮に友人から急に電話がきて、今から空いてるなど連絡が来た際に、このような状態ですと、今日はいいやとめんどくさいと思い断ることがあります。いやありました!

 

自分の時間も大切ではありますが、やはり人から求められる、必要とされているというのはありがたい話であり、少なくとも自分には何かしらの魅力があるとみていいと思います。ですので自分は人からの誘いはなるべく断らないようにはしています。

 

結論

マイナス思考になり、体にも良くないので、寝たきりではなくいつでも体の準備をすること、家でストレッチなどすることで、表情も豊かになるでとにかく寝たきりというのは止めてみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここはベースに着くべき

f:id:konkkeeen:20210814213618j:plain

問題の場面


後半戦が始まりました。後半戦と言っても、イースタンの出来事を書き込みますが、私はたまたまイースタンの日ハム対巨人戦を観てふと思った場面がありました。

4回表 1アウト1.2塁の場面                            ここで秋広が右中間ややセンター寄りでしたが低い弾道で抜けたなと思いきやセンターがキャッチした場面、惜しかったなと思ったが、私は衝撃的な光景を目の当たりにしました。 画像を見ても分かるように、2アウト1.2塁になっています。

はっきり言ってセンターの捕球位置は深めでした。                   このケース2塁ランナーはセンターが前で取れるか取れないかのところならハーフウェイは妥当ですね。だが2塁ランナーの香月が2塁に居たのが本当に謎すぎました!    

深い位置なのでベースにい居ればタッチアップ、抜ければ楽勝ホームインとかなり判断が楽なのに、これは2軍に居る意味が理解できましたね。基礎的なことなので直ちに治すべきです。

そんなことより宮田選手ナイスキャッチ